「宝くじは買わない方が良い」と言う歌を歌う超有名歌手

忌野清志郎(いまわの きよしろう)さんが歌った「宝くじは買わない方が良い」をご存知でしょうか?

みずほ銀行(旧第一勧業銀行)さんには辛い歌(営業妨害)だが、
歌詞が妙に実感するのも否めない。

ゆえに、CMソングとして使われることはない。
ヒットして貰っても困るので、テレビやラジオでは放送しない。
使ったりすると、宝くじのスポンサーから苦情・広告出さない、ものだね!

もちろん大当たりした人は「夢かなったり」でしょうが、
大多数は「夢破れて・・・」なんとか・・・
外れくじのお金は一部社会に還元されているが、また一部は銀行や印刷業者、販売業者に利益をもたらしている。

※一般的には、販売額の約40数パーセントは当選金として支払われて、
残りの約50数パーセントは、社会還元・運営社・販売者手数料などに消えます。

※買う買わないはあなた次第です。

2020年8月24日東京都のコロナ感染者数を発表(少し安堵の数)

2020年8月24日
東京都発表の新型コロナウイルスの感染者は新たに95人確認。
1日あたり新規感染者数が100人を下回るのは7月8日(75人)以来で47日ぶりだ。
このまま低減すればいいのだが。
ただし、60代男性と80代女性の計2人が死亡したとも発表。

また同じ日(24日)に、
新型コロナウイルス対策について厚生労働省へ助言する専門家組織(アドバイザリーボード)が、
警戒していた「第2波」とも言われる現在の流行は7月末がピークだったとみられる、
新規感染者数は緩やかに減少しているとの見解も示した。
政府の分科会も21日に同様の見方を公表している。
その一方、
実際に重症者数は増えており、感染予防の対策など警戒を緩めるべきではないとも呼びかけた。
(国の設定した重傷者の定義と各都道府県の定義が違うこともあるのでなんとも気になる。)

でも、早期に収束することを夢にみる事だけでは無く、実際に願いたい。

東京都民も「早期にGoTOキャンペーン」で旅行したい夢はあります。

コロナ「2日連続て300人を下回る」

本日(8月22日)、
東京都発表、新型コロナウイルスの新たな感染者は256人。
2日連続て300人を下回る。

ただし、重症の患者数は、前日の33人から4人増え37人に達した。

感染者の年代別は下記の通り
10才代以下9人
20才代100人(最多)
30才代64人
40才代30人
50才代25人
60才代~80才代合計28人

WHOの発表では、2年以内にコロナは終息する可能性があると。
信じるかどうかは各個人で。。。